鍋料理が評価なのは、自分勝手に味付けできるだけでなく・・・

鍋食べ物が支持なのは、自己流に味付けできるからだ。
ベースとなる「出汁」には、昆布や鰹節などを取り扱う必要がありますが、召し上がるときは、香味料も含めて、自分で調整できるのがうれしいですね。

また、肉を焼くときに取り扱うタレですが、こってり類が好きな者や、スッパリ類が好きな者などいろいろです。
肉を焼くときに、余分な脂は落ちますが、でも、甚だ脂っこいので、苦手な者は苦手なのです。

無論、毎日の食物は、栄養バランスも大切ですので、炭水化物を抜いたり、油を抜いたりするのはよくありません。
不足しがちなタンパク質も、充分意識して摂りいれることが大切です。

ですから、脂っこいものが苦手な者も、健康上に問題がない場合は、多少なりとも摂取するように努力したいですね。
その反対に、野菜嫌いの者も、野菜を意識して食する必要があります。

そういう意味でも、鍋食べ物にすると、野菜のカサが収まるので食べやすくなります。
また、シメの雑炊を楽しみにしている者もいますが、元の栄養分がコッテリ「出汁」は、最後まで楽しみたいですね。http://www.dekeuzehulpverzameling.nl/