慌ただしい午前は、朝めしにバナナがお勧め

「バナナシェイプアップ」が流行っていますが
その善悪はさておき、バナナはお気軽に食べられることでも
注目される果実のひとつだ。

果実の時折、包丁を使う必要がある存在や
手で掴むってネトネト講じる存在もある結果
水道が近くにない場合は、これから弱る結果敬遠しぎみだ。

そういったこともあって
包丁も取り除ける、ツボがネトネト諦める
しかも、喜ばしいバナナが呼び物なのも納得です。

また、便秘撤廃に役立つ以外、胃腸抱えがよろしいなどから
慌しい午前のランチタイムにも適切といわれています。
ほかにも、大志由来としても恩恵陥るようで
好んで食する人間がいると聞いたことがあります。

ただ、ちょこっとやっかいなのは
食べられる期間が、ほかの果実よりも少ないことです。
季節や冷房も関係してきますが
ぱっぱと黒い斑点ができてしまいます。

また、半数だけ食べて、皮がついた通り残す症例
食べ終えた部分の皮が黒ずんで来る。
それに、半数にカットするという
何しろ、切り口からしみしてくるので
こちらも、暇との闘いになりますね。

それを防ぐには、朝食のときに家族で分け合って
仲良く食するのが一番でしょうか。http://www.idocw.com/