感触も鮮やかな壮健食事

料理を美味しく食べるためには、感触も大切です。これは、「お弁当」も当てはまる結果、衛生面にも配慮したうえで、可能な限り色彩のバランスを考えてつくりたいですね。

例えば、ピーマンの緑によって、赤というイエローのパプリカを使う方法がありますが、冬は、ピーマンの代わりにブロッコリーを使うこともできます。なぜなら、ピーマンは夏場野菜につき、冬場野菜のブロッコリーのほうがいいからだ。

このように、赤・黄・緑の混合による料理は、テレビCMも見掛けます。また、以前、プロパンガス暖簾からいただいたカレンダーにも、同じ料理が掲載されていたので、随分人気があることが納得できました。

そのカレンダーには、中位に魚貝類などを使った炒め物を盛り、周囲に茹でた野菜を囲む形の料理もありました。テレビCMでは、その裏のパターンとして、キャベツの周囲に、小さくした野菜やキノコなどを並べた煮込み料理が紹介されていました。

このように、野菜をメインにした料理コースにすると、必然的に投薬カロリーも少なくなります。また、上手く食べながら、健康的にウェイトを落ちるのではないでしょうか。新陳代謝を高めるためにリンパマッサージを始めてみよう。